不動産売却と登記について

不動産売却の際には、代金の授受だけではなく、登記の移転を行う必要があります。日本では、不動産については登記による公示制度が採用されており、その移転によって権利関係を明確にしています。もちろん、無権利者や背信的悪意者が移転を受けたとしても、更新制度を採用していない以上、登記移転は無効です。しかし、そうではなく、二重譲渡の事例などでは、先に移転を受けた方が対抗力を有することとなります。
登記の移転は、家売ることであれば、売買の両当事者が共同で行うこととなっています。しかし実際は、買主が単独で行います。もちろん、勝手に行えるというわけではありません。前所有者からの委任状と、印鑑証明などが必要になります。それさえあれば、買主が単独で移転をすることが可能となっています。
登記を映しておかないと、固定資産税などは、名義人が負担することになります。なぜなら、それを基準として課税されるからです。したがって、移転させることは買主側にとって重要なことではありますが、売主側にとっても重要なことなのです。いつ移転させるかは、当事者間の合意によって定められます。基本的には、金銭の支払いと同時とされることが多いです。もちろん、物理的にそれrを同時に行うことはできませんので、時間差的には代金の支払いが先に行われ、そこから移転をさせる流れになります。
トラブルになることが多いため、後から問題が生じないよう、合意ははっきりとさせておきましょう。

コメント投稿は締め切りました。